ピアノ教室♪TAMBA

豊かな感性と音感を育む

聴きばえのする曲

time 2014/09/09

難しい曲が難しく聞こえるのは当たり前。

でも難しい曲なのに簡単に聞こえてしまう曲もあります。
練習曲などは特にそうでしょう。
また邦人作曲家の曲でも
そのように感じることは時々あります。

発表会ではなるべく
意外と簡単なのに難しく聴こえる曲、
つまり聴きばえのする曲を
選ぶようにしています。

難しい跳躍がない。
弾きにくい指使いがない。
左手の暗譜がしやすい。
だけど、全体的に華やかな曲!

特に子供が弾く場合
「こどもの~」とか「こどものための~」という楽譜でも
こどもには難しい事があるので
しっかりとしたリサーチが必要ですね。

junko

クリックしていただけると嬉しいです↓
コメントも大歓迎です(〃’▽’〃)ノ☆゚
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ リトミックへ
にほんブログ村 

down

コメントする




2018年10月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ブログ:記事カテゴリー