基礎を教える喜び

今年の1月中旬から教えている生徒さん、Sちゃんはとっても音楽が大好きな明るくて真面目な6歳です♪
今年の4月から小学校に入学します。

今は『よいこのピアノ1巻』と『なかよしピアノ1巻レパートリー』をしています。

次の木曜のレッスンで『よいこのピアノ1巻』が終わります。
最後の2曲、「ふしぎなポケット」と「たなばたさま」が今回の宿題なのです(´∀`)

レッスンで「今日はここまで進みたいな!!」と楽譜のページをめくって自ら目標を掲げて言うSちゃん♪
とんでもない量の時があるのでビックリしますが(笑)

初めの譜読みの時に
「これ難しい~(´ー`*)」と言うこともありますが、難しいことをするのも楽しそうです。
できなかったところは何度もチャレンジします。
1つ1つこなしていくことの喜びを感じているようです。

指の形はもちろん、音符の長さ、指使い、音と音が切れないでスラーであること、休符を感じること、テンポが一定であることなどを中心にレッスンしていきます。

やっぱり基礎って大事だと思います★
小さい手、Sちゃんの指の形もだんだん良くなってきました。
右手の5の小指で音を出すのがまだ慣れていないけど、一生懸命綺麗な手の形を意識して音を出します。

Sちゃんのお母さんは
「Sはいつもピアノのレッスンを楽しみにしています。レッスンの日の朝は、今日はピアノだぁ♪とはしゃいでいます。」
と仰ってくれました。

次のレッスンから『よいこのピアノ2巻』が始まります+。:.゚ヽ(*´∀)ノ゚.:。
Sちゃんは次の楽譜が待ち遠しそうだったので、渡した時にどんな反応をするのかが楽しみです♡

yuri

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です