リズム感を鍛える

リズムで重要な事は裏拍の取り方だと思います。

日本では昔から4拍子の場合、1拍目と3拍目で手拍子を打ちますが、西洋では2拍目と4拍目、つまり裏拍で手を打ちます♪

特にリズム感が良いとされる民族の人達は、裏拍の取り方がとても上手です

2拍目と4拍目を手で打つという事は、必然的に1拍目と3拍目も感じる事になります。

一方、1拍目と3拍目で手を打っていると2拍目と4拍目を感じにくいのです。
なぜなら1拍目と3拍目は元々強拍だからです。

演奏がどんどん速くなるのは、裏拍が感じられていないからとも言えますね。

来年のリトミックでは「裏拍を感じる」ということを徹底的にやってみようと思います!

junko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です