ゆっくり弾く意味

生徒さんに多いのが、速いテンポの曲を練習する際にずっと速いテンポのみで弾いているということ。
実はこれは発表会本番の失敗に繋がりやすい、とっても危ない練習なんです!!

速いテンポで弾くと勢いで弾けちゃったりして弾けている気分になります。

そして本番・・・
本番は気持ちが高揚しているのでいつもより更に速いテンポになりがちです。
指が浮いたり滑りまくって、コントロールが効かず自滅してしまうのですΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

普段から速いテンポだけでなく、ゆっくりなテンポで弾いていると、指をしっかりコントロールして弾くことができるようになります♡

そして1音1音ちゃんと聴きながら弾けるので粗に気づきます♬

例えば、音の粒がそろっていなかったり、リズムが曖昧だったり、音が浮いていることに気づいたり。

ゆっくり弾くのが苦手な方はメトロノームを使えばいいですよ(*´∀`)ノ

私はレッスンで生徒さんに3段階のテンポで弾けるように宿題を出すことがあります。
超ゆっくり、少しゆっくり、いつもの速さの3段階です♬

あと1つプラスするならばいつもより少し速いテンポです!!
本番普段より速いテンポになっても大丈夫なように(・∀・)、一定のテンポに偏らずどの速さにも対応できるようになればGOOD♥

ゆっくり練習は大切です♬
初心忘れるべからずですね♡

yuri

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です