発表会の曲の練習♡~2.

発表会の曲の場合、本番の1か月前には暗譜ができていて、一応ミスのない状態がベストです。

本番の直前まで弾くたびに良くなっているというのは、実は仕上がりが遅いのです。

本番を迎える前にはピークを迎えて、そこからもう一度見直しが必要なのです。
出来上がったものを壊して再度組み立てるのです!

教室では2週間前にリハーサルと称して、全員での暗譜弾き合い会をします。
そこでたくさんミスったり弱いところを見つけてもらい、2週間後の本番に向けて、各自立て直しをしています。

普段間違った事のないところを本番でミスるというのは、ピークを迎えてからの壁を乗り越えていなかったということです。

プロの演奏家は、何十回もピークと壁を乗り越えて本番を迎えていますからね♪

junko

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です